土地を売却したら確定申告は必要?流れや必要書類をご紹介

土地を売却したら確定申告は必要?流れや必要書類をご紹介

土地を売却するなど、不動産取引をしたら確定申告が必要なのかわからない方もいるでしょう。
この記事では土地売却に確定申告は必要なのかについてご紹介します。
また、確定申告の流れや、必要な書類についてもご紹介しますので土地売却予定の方は参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

土地の売却に確定申告は必要?

土地売却後の確定申告は利益が発生したかどうかで必要な方と不要な方に分けられます。
土地を売却し、得た金額から売却に必要な経費やその土地の購入費用などを差し引いた金額を譲渡所得といいます。
譲渡所得、つまり利益が売却後発生している場合は確定申告が必要です。
一方で譲渡所得が発生しなかった場合は確定申告が不要です。
確定申告をしない場合は問題はありませんが、国税庁からお尋ねと呼ばれるアンケート調査が来る場合があります。
国税庁は譲渡所得が出ているのではないかと調査に来ますが、出ていない場合はその事実を伝えれば問題ありません。

▼この記事も読まれています
収益物件を高く売却する方法とは?売却するタイミングや手順も解説!

\お気軽にご相談ください!/

土地売却後の確定申告の流れとは

確定申告は2月16日から3月15日までにおこなわなければなりません。
ですので、申告前に必要な書類を集めておきましょう。
申告期間が来たら確定申告書を記入し、必要書類と一緒に税務署に申告します。
申告方法は直接持っていく方法もありますが、郵送やネットでの申告も可能です。
申告後は税務署から連絡がきますので、納税もしくは還付を受けます。
流れとしては3ステップですが、準備する書類は複数ありますので、時間に余裕をもっておきましょう。

▼この記事も読まれています
事故物件のリフォームで資産価値の維持はできる?注意点もご紹介

\お気軽にご相談ください!/

土地売却における確定申告で必要な書類は?

確定申告は確定申告書と呼ばれる書類に内容を記入し提出します。
この書類は税務署や国税庁のHPで入手できますので事前に入手しておきましょう。
その他、譲渡所得の内訳書、売買契約書、源泉徴収票、譲渡費用(仲介手数料など)の領収書コピーなどが必要です。
譲渡所得の内訳書は確定申告書付表兼計算明細書とも呼ばれ、これらも税務署や国税庁HPで入手できます。
譲渡所得の内訳を計算する書類ですので事前に準備しておきましょう。
売買契約書は、その名の通りで土地売却時に交わした契約書で、コピーしたもので構いません。
そして本人確認書類も必要になります。
税金が関わる申告ですので免許証やマイナンバーカードなど自身の身分を証明できるものを準備しておきましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却には対策が必要?売却にかかる税金と節税方法について解説!

まとめ

土地売却で確定申告が必要なのは、譲渡所得、つまり利益が発生した方です。
利益が発生しなかった場合、申告は必要ではありませんが、お尋ねと呼ばれるアンケート調査がくる場合があります。
申告には複数の書類の準備が必要ですし、計算が必要なものもありますので時間に余裕をもって申告に備えましょう。









静岡県東部エリアの不動産売却なら株式会社庭彦にお任せください!



売却物件募集のご案内です。
不動産の売却を考えているのだけど・・・どうしたらいいかな?
初めての不動産売却をサポート致します。査定は0円です!!
◎相続した不動産の売却を考えている
◎空家があり処分に困ったいる
◎空き土地を含め遊休資産に困っている
◎すぐに現金化したい
不動産の心配事の解決から始めませんか?

沼津市の不動産売却・買取のことなら株式会社庭彦へ。

弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産購入コラム

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ