事故物件のリフォームで資産価値の維持はできる?注意点もご紹介

事故物件のリフォームで資産価値の維持はできる?注意点もご紹介

事故物件を所有していると、思うような価格で売れないのではないかなど、資産価値の低下が心配になります。
もしリフォームをした場合、資産価値を維持できるのでしょうか。
この記事では、沼津市を中心とするエリアで事故物件の売却をご検討中の方に向けて、リフォームが資産価値の維持に有効なのか、リフォーム費用の相場と注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

事故物件はリフォームで資産価値を維持できる?

事故物件を売却する場合は、告知義務が生じます。
告知義務とは、瑕疵がある物件を取引する際に購入希望者や買主にその事実を伝えなければならないという義務のことです。
事故物件には心理的瑕疵があると判断されるため告知義務が生じますが、リフォームをおこなっても事故物件ではあることには変わりないので告知義務は残ります。
しかしリフォームによって物件が一新されると、物件に対する不快感や恐怖心といった負の感情を取り除き、心理的瑕疵を抑えられます。
そのため売却価格の低下を防ぐことができ、資産価値の維持に効果的です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

事故物件のリフォームにかかる費用

リフォームにかかる費用の相場は下記のとおりです。

  • 内装(壁紙・床材など):5~120万円(面積による)
  • 水回り:浴室一式/約90~100万円・トイレ(便器+内装)/約20~30万円
  • フルリノベーション:約500万円以上

壁や床が血液などによって汚れている場合は、クロスやフローリングの全面的な貼り替えが必要です。
また遺体発見現場ではなくても、水回りがリフォームされていない物件は避けられがちです。
そのため、事故物件では水回りのリフォームをすることをおすすめします。
フルリノベーションは多額の費用が必要となりますが、物件の資産価値を維持する効果が期待できるので、部分的なリフォームと比較して検討すると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

事故物件をリフォームするときの注意点

事故物件のリフォームでは、スムーズに進めるための注意点があります。

特殊清掃を済ませておく

特殊清掃とは、事件や事故の現場となった物件をきれいに原状回復するサービスです。
事故物件はリフォームを断られることがありますが、特殊清掃を済ませておくと引き受けてくれる可能性が高くなります。

事故物件であることを伝える

特殊清掃できれいになっていても、リフォーム業者に事故物件であることを事前に伝えましょう。
もしあとから知られると、契約を打ち切られるなどのトラブルが生じる可能性があります。

希望条件を提示

リフォーム業者に依頼し現地調査をおこなうタイミングで、希望条件を明確に提示しましょう。
予算や希望条件をまとめた要望書を作成し提示しておくと、スムーズにリフォームが進められます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

事故物件を売却する前にリフォームしておくと、資産価値の維持に効果があります。
リフォームには部分的なものやフルリノベーションなどがありますが、この記事でご紹介したそれぞれの費用相場を参考にしてご検討ください。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に三島市、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市で不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

お客様よりご相談エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ