相続に関する基礎知識!相続欠格の概要や適用時の影響などを解説!

相続に関する基礎知識!相続欠格の概要や適用時の影響などを解説!

不動産を今後相続する予定があるときは、対象の不動産を無事に受け取れるように注意することが大事です。
実は、一定の条件に当てはまると、通常なら相続が認められる方でも故人の財産を受け取れない場合があります。
今回は、相続の予定があるときに気を付けたい相続欠格とは何か、適用されるとどうなるのかにくわえ、相続廃除との違いも解説します。


\お気軽にご相談ください!/

相続における相続欠格とは

相続欠格とは、一定の条件に当てはまった相続人から相続の権利を剥奪する制度であり、その法的根拠は民法891条にあります。
法令が定める5つの事由は、被相続人を死亡させるなど、重大な犯罪行為がほとんどであり、相続欠格は非合法な手段で相続を妨害した方への制裁措置だといえます。
問題となる行為のなかで注意したいのは、遺言書の破棄や偽造、隠蔽です。
遺言書に関する不正行為は他人に直接危害をくわえるものではありませんが、遺産の行き先を左右する行動であり、相続の場では問題となります。
そして遺言書関連の不正行為は相続の開始後にも起こりえるものであり、実際におこなわれてトラブルに発展するケースが少なくありません。

▼この記事も読まれています
相続における現物分割とは?メリットと現物分割しやすいケースを解説

\お気軽にご相談ください!/


相続欠格が適用に!相続はどうなる?

法令が定める相続欠格の事由に当てはまった方は即座に相続権を失い、相続・遺贈のいずれの状況でも遺産の受け取りが不可能となります。
相続権を失った段階ですでに遺産分割が終わっていた場合でも、欠格者は遺産の受け取りが認められず、遺産分割をやり直さないといけません。
たとえ遺言書で欠格者の相続が指定されていても、遺産の受け取りは不可能なままです。
ただし、欠格者に子どもがいる場合、その子どもが代襲相続人となって代わりに遺産を受け取れます。
また、特定の被相続人との間で相続欠格が成立しても、別件の相続にまでは影響がおよびません。

▼この記事も読まれています
不動産売却時の譲渡所得の計算方法とは?取得費と譲渡費用についてもご紹介

\お気軽にご相談ください!/


相続欠格と相続廃除の違い

相続欠格は、法令の定める事由に該当した時点で自動的に適用されるため、とくに手続きは必要ありません。
一度適用されたら取り消しは不可能であり、対象者が遺産を受け取れる見込みはなくなります。
一方の相続廃除は、一定の条件に該当した方の相続権が剥奪される点は同じですが、適用には被相続人の意思が関わり、手続きも必要です。
適用が可能となる条件は、被相続人への虐待や侮辱、財産の不当な処分、浪費や遊興をはじめとする親不孝行為などです。
また、相続廃除は取り消せる場合があるため、一度適用されても遺産を受け取れる可能性は残ります。

▼この記事も読まれています
相続税に対する取得費加算の特例とは?利用の注意点をご紹介

まとめ

相続廃除とは、法令が定める事由に該当したときに相続権を剥奪する制度です。
適用時にどうなるかに関しては、故人の財産を受け取れなくなり、すでに受け取っていた場合は遺産分割がやり直しになることなどが挙げられます。
相続廃除との違いは、被相続人の意思が関わるかどうかや取り消しの可否にあります。


沼津市の不動産売却・買取のことなら株式会社庭彦へ。


弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。


駿東郡長泉町の不動産売却は株式会社庭彦へお任せください。

静岡県東部エリアの不動産売却なら株式会社庭彦にお任せください!



売却物件募集のご案内です。
不動産の売却を考えているのだけど・・・どうしたらいいかな?
初めての不動産売却をサポート致します。査定は0円です!!
◎相続した不動産の売却を考えている
◎空家があり処分に困ったいる
◎空き土地を含め遊休資産に困っている
◎すぐに現金化したい
不動産の心配事の解決から始めませんか?
        ↓↓↓
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、

ご検討中の方はぜひご利用くださいませ。




----------------------------

庭彦は『建設』『造園』『不動産』を3つの柱として業務をおこなっています。

最新の販売物件一覧は-//www.niwahiko-baikyaku.jp/bknlist/

不動産の売却・購入等のご相談は-//www.niwahiko-baikyaku.jp/contact/

不動産の無料査定は-//www.niwahiko-baikyaku.jp/assessment/

④沼津市近郊の宅地造成、道路舗装、駐車場整備、外構工事は-//www.niwahiko.jp/construction/

沼津市近郊の造園工事、維持管理業務は-//www.niwahiko.jp/landscaping/


--------------------------



沼津市の不動産売却・買取のことなら株式会社庭彦へ。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

初めての不動産売却

販売案内・販売予定情報

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ