任意売却における委任状とは?委任状を使用するときの注意点をご紹介

任意売却における委任状とは?委任状を使用するときの注意点をご紹介

任意売却を予定していても何らかの理由で自身で手続きできない場合もあります。
この記事では、そんな自身が手続きを進められない場合に必要になる委任状についてご紹介します。
委任状に関する注意点についても合わせてご紹介しますので、これから任意売却予定の方は参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

任意売却における委任状とは?必要になる理由や役割

一般的には、任意売却などの売却手続きは所有者自身がおこなわなければなりません。
しかし、さまざまな理由で所有者が手続きできない場合は委任状を準備すると、その方に手続きを委任できます。
たとえば、病気で入院しているため手続きができない場合や海外など遠方に住んでいて帰国が難しい場合などです。
不動産売買は権利や多額のお金が絡みますので、簡単に任せられない手続きでしょう。
そこで委任状に、ある特定の人物に対して物事の権利をお任せする点を明記します。
委任状はどこまでの範囲において代理する権利を与えるのか明確にする役割を持っています。
どこからどこまでの権利を与えるのか記載しておくので、所有者の予定外の取引がおきないようトラブルを防止しつつ、他人に手続きを進めてもらえるでしょう。

▼この記事も読まれています
収益物件を高く売却する方法とは?売却するタイミングや手順も解説!

\お気軽にご相談ください!/

任意売却を委任状で進めてもらううえでの注意点とは

一番に、任意売却を代理で進めてくれる方を選ぶときには慎重に判断しなければなりません。
先ほども述べたように大きなお金が動きますし、権利も関係してきますので信頼できる人物を選びましょう。
少しでも悪用されるリスクがある人物は選ばないようにするのが得策です。
また、委任状を作成するときに全部お任せの意味で白紙委任はしないようにしましょう。
通常であれば委任する権利において記載するのが委任状ですが、何も記載しないと白紙委任といってすべてお任せの委任状になってしまいます。
これは委任する権利の範囲について明確にしていないため、トラブルが発生するリスクがある行為ですので避けましょう。
債権者によっては代理での売却を認めていないケースもあります。
そのため、事前に債権者に代理で売却を進めたい旨とその理由について説明しておきましょう。
任意売却においてはわからない点も多くあるかもしれません。
法律の専門家や不動産会社などまずは相談してみると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却には対策が必要?売却にかかる税金と節税方法について解説!

まとめ

任意売却において、病気や遠方に住んでいるなどの理由で自身が手続きできない場合は委任状で代理の方に売却を進めてもらえます。
作成時の注意点としては、信頼できる人物を選び、債権者に事前に確認しましょう。
また、権利の範囲について記載しない白紙委任を避ける点も注意点です。
沼津市の不動産売却・買取のことなら株式会社庭彦へ。


三島市の不動産売却は株式会社庭彦へお任せください。



御殿場市の不動産売却は株式会社庭彦へお任せください。



駿東郡長泉町の不動産売却は株式会社庭彦へお任せください。



駿東郡清水町の不動産売却は株式会社庭彦へお任せください。


静岡県東部エリアの不動産売却なら株式会社庭彦にお任せください!



売却物件募集のご案内です。
不動産の売却を考えているのだけど・・・どうしたらいいかな?
初めての不動産売却をサポート致します。査定は0円です!!
◎相続した不動産の売却を考えている
◎空家があり処分に困ったいる
◎空き土地を含め遊休資産に困っている
◎すぐに現金化したい
不動産の心配事の解決から始めませんか?

沼津市の不動産売却・買取のことなら株式会社庭彦へ。



弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産購入コラム

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ