3階建ての家の特徴は?売却しにくい理由や売却に向けてのポイントも解説!

3階建ての家の特徴は?売却しにくい理由や売却に向けてのポイントも解説!

一戸建てはファミリー層などから人気の物件ですが、物件の特徴によっては売れにくい場合があります。
たとえば、3階建ての家は比較的売れにくい傾向があるため、売却にあたっては注意が必要です。
今回は、3階建ての家の特徴や売れにくい理由と、売却にあたってのポイントも解説します。

\お気軽にご相談ください!/

売却前に確認!3階建ての家の特徴

3階建ての家は、駅の近くに建っているケースが多いです。
駅の周りは建築の規制が比較的緩く、駅から離れた住宅地よりも3階建ての家を建てやすいためです。
さらに、駅の周りは土地の単価が高く、用意できる敷地が狭くなるデメリットもありますが、建築制限が緩ければ家を3階建てにして、延床面積を広くする方法が取れます。
実際の家の広さは延床面積で決まるため、敷地の狭さに比べて室内は広く感じられるでしょう。
このほか、3階建ての家は建物の高さを活かし、眺めや日当たりの良い屋上を作ったり、フロアで生活エリアを分ける2世帯住宅にしたりできます。

▼この記事も読まれています
収益物件を高く売却する方法とは?売却するタイミングや手順も解説!

\お気軽にご相談ください!/

3階建ての家が売却しにくい理由

3階建ての家は室内に階段が多く、家のなかを移動するだけで疲れてしまいます。
年齢を重ねて足腰が弱ると余計に負担が重くなるため、買主から購入を見送られやすいのです。
また、家のメンテナンスやリフォームをおこなう際、3階建てだと建物が高いだけに作業の手間が増えてしまい、それだけ費用もかさむ傾向があります。
さらに、家の敷地が狭いために3階建てにした場合は、自宅の駐車場は車1台分しか確保できないのが一般的です。
このようなデメリットから、3階建ての家はもともとターゲットが限られています。
多くの方から好まれる一般的な構造から外れている点も、売却を難しくする理由のひとつです。

▼この記事も読まれています
事故物件のリフォームで資産価値の維持はできる?注意点もご紹介

\お気軽にご相談ください!/

3階建ての家を売却する際のポイント

3階建ての家を売りたいときは、物件へのエレベーターの設置を一度検討するのもおすすめです。
3階建ての家に対して、多くの買主が不安を抱くのが年をとってからの階段の上り下りであり、エレベーターがあればその不安を解消できます。
また、3階建ての家は一般的に地震の影響を受けやすいので、耐震診断を受けて耐震性の高さを証明するのも有効です。
このほか、3階建ての家は個人の住居としてではなく、民泊やテナントとして活用される例も多いです。
可能であれば事業用の物件としても売り出し、買主の候補者を増やすのも良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却には対策が必要?売却にかかる税金と節税方法について解説!

まとめ

3階建ての家は、駅の近くに建っている、延床面積が広いなどの特徴がありますが、室内の階段の多さなどから売れにくい傾向があります。
売却にあたっては、家のなかにエレベーターを設置する、耐震性を調べるなどのポイントを押さえると良いでしょう。

三島市の不動産売却は株式会社庭彦へお任せください。



御殿場市の不動産売却は株式会社庭彦へお任せください。



駿東郡長泉町の不動産売却は株式会社庭彦へお任せください。



駿東郡清水町の不動産売却は株式会社庭彦へお任せください。


静岡県東部エリアの不動産売却なら株式会社庭彦にお任せください!



売却物件募集のご案内です。
不動産の売却を考えているのだけど・・・どうしたらいいかな?
初めての不動産売却をサポート致します。査定は0円です!!
◎相続した不動産の売却を考えている
◎空家があり処分に困ったいる
◎空き土地を含め遊休資産に困っている
◎すぐに現金化したい
不動産の心配事の解決から始めませんか?

沼津市の不動産売却・買取のことなら株式会社庭彦へ。

弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

初めての不動産売却

販売案内・販売予定情報

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ