不動産の売却はご近所に気付かれずにできる?方法やかかる期間を解説!

2022-03-01

売却

不動産の売却はご近所に気付かれずにできる?方法やかかる期間を解説!

この記事のハイライト
●ご近所に気付かれずに不動産を売却したいときは、媒介契約の選び方がポイント
●ご近所に気付かれずに売却活動をするためには、不動産会社との連携が大切
●売却までに時間がかかると気付かれるリスクが高まるので、スピーディーに売却できる買取がおすすめ

さまざまな事情があって、「ご近所に気付かれずに不動産を売却したい」と考えることがあるかもしれません。
気付かれずに不動産を売却することは可能ですが、押さえておくべきポイントや注意点があります。
そこで今回は、ご近所に気付かれずに不動産を売却する際のポイントを、3つに絞ってご説明します。
沼津市をはじめ、三島市・駿東郡清水町・駿東郡長泉町・富士市・富士宮市・裾野市・御殿場市などのエリアで不動産の売却をご検討中の方は、ぜひご参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

ご近所に気付かれずに不動産を売却する際のポイント①媒介契約

ご近所に気付かれずに不動産を売却する際のポイント①媒介契約

不動産を売却する際は、基本的に以下の流れで進みます。

  • 不動産の査定を受ける
  • 媒介契約を結ぶ
  • 売却活動を開始する
  • 買主が決まったら売買契約を結ぶ
  • 決済のあとに不動産を引き渡す

ご近所に気付かれずに不動産を売却したいときも、この流れは変わりません。
ただし、気付かれずに売却したい場合には、注意するべきポイントがあります。
それは、「媒介契約」「売却活動」「売却できるまでにかかる期間」の3点です。
この章では、まず媒介契約を結ぶ際のポイントについて、ご説明します。

媒介契約の種類とは

媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。
一般媒介契約の主な特徴は、以下のとおりです。

  • 複数の不動産会社と契約できる
  • 自分が見つけた買主との直接取引ができる
  • レインズへの登録義務や、販売状況の報告義務がない

専任媒介契約には、以下のような特徴があります。

  • 一社としか契約できない
  • 自分が見つけた買主との直接取引ができる
  • レインズへの登録義務(7日以内)と、販売状況の報告義務(2週間に1回)がある

そして専属専任媒介契約の特徴は、以下のとおりです。

  • 一社としか契約できない
  • 自分が見つけた買主との直接取引ができない
  • レインズへの登録義務(5日以内)と、販売状況の報告義務(1週間に1回)がある

専任媒介契約と専属専任媒介契約は似ていますが、違う部分もあるので、覚えておくと良いでしょう。

気付かれずに不動産を売却したいときに適した媒介契約とは

不動産売却を気付かれたくないときのポイントとなるのが、レインズへの登録です。
レインズとは、不動産会社だけが使える不動産情報ネットワークです。
多くの不動産会社が閲覧するので、ここに物件情報を登録すると、買主を見つけやすいメリットがあります。
けれども、売却を気付かれたくないときは、レインズへの登録がネックになることがあるでしょう。
レインズに登録すると、不動産情報が出回るため、気付かれてしまう可能性があるからです。
その点が心配になる場合は、レインズへの登録義務がない「一般媒介契約」を選ぶことがおすすめです。
ただし、レインズに登録しない場合は、買主が見つかりにくいかもしれません。
すると、売却できるまでの期間が長引き、ご近所に知られてしまうリスクが高まってしまいます。
そちらのリスクが心配なら、レインズへの登録義務がある専任媒介契約か専属専任媒介契約を選びましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産が売れないときは原因を確認!売るための改善策とポイントをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

ご近所に気付かれずに不動産を売却する際のポイント➁売却活動

ご近所に気付かれずに不動産を売却する際のポイント➁売却活動

不動産の売却をご近所に気付かれずにおこないたい場合、通常と大きく変わるのが売却活動の内容です。
通常の売却活動では、以下のような活動をします。

  • ホームページや住宅情報誌に物件情報を掲載する
  • 新聞の折り込みチラシや近隣へのポスティングをする
  • レインズに登録する
  • 不動産会社の顧客に紹介してもらう

できるだけ早く買主を見つけるためには、物件を幅広く宣伝することがポイントです。
ですから売却活動は、基本的にそのポイントに沿って実施されます。
けれども、気付かれずに売却したい場合は、物件情報をオープンにできません。
そのため、売却活動の内容が限られてしまいます。
上記の例のなかで安心しておこなえる売却活動は、「不動産会社の顧客に紹介してもらう」だけでしょう。
購入する物件を探しにきた方や、インターネットなどで気になる物件を見つけてきた方などに、「このような物件もあります」と紹介してもらう方法です。
また、不動産会社独自の販売ルートがある場合は、そちらから買主を探してもらう方法もあります。
どちらにしても、不動産会社のサポートがないと、売却の達成は難しいでしょう。
気付かれずに不動産を売却したいときは、不動産会社としっかり連携して進めることが大切です。

こちらの記事も読まれています|不動産が売れないときは原因を確認!売るための改善策とポイントをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

ご近所に気付かれずに不動産を売却する際のポイント➂かかる期間

ご近所に気付かれずに不動産を売却する際のポイント➂かかる期間

不動産の売却には、通常でも3か月から半年ほどかかります。
なかでも時間がかかるのは、売却活動です。
買主が見つからないと、売却活動の期間が延びて、売却が終わるまでに半年以上かかることもあるでしょう。
ご近所に気付かれずに売却したい場合は、さらに期間がかかるかもしれません。

不動産の売却を気付かれずに進める際に期間がかかる理由

スピーディーな売却の実現には、インターネットなどによる幅広い情報発信とともに、近隣へのポスティングも効果的です。
それは、不動産を探している方は、ご近所にいる可能性が意外に高いからです。
近隣の住みやすさを知っていると、「親を呼び寄せたい」「息子夫婦や娘夫婦が住める物件を見つけたい」と考え、近くの不動産を探すことがあります。
そのような方にアピールする方法として、ポスティングは有効なのです。
けれども、ご近所に気付かれずに不動産を売却したい場合は、ポスティングができません。
他にも物件情報の発信に多くの制約があるため、通常よりも売却できるまでの期間が長引く可能性があるのです。

不動産を気付かれずに売却したいときは買取がおすすめ

可能な売却活動が限られていても、時間をかければ不動産は売却できます。
ただし、売却できるまでの期間が長引くほど、ご近所に気付かれるリスクが高まってしまいます。
そのリスクを回避したい場合は、「仲介」ではなく「買取」による売却がおすすめです。
買取は、不動産会社が買主になる売却方法です。
以下のように、不動産会社とのやり取りだけで売却の流れを完了できます。

  • 不動産の査定を受ける
  • 買取を依頼する不動産会社を決めて、契約する
  • 決済のあとに不動産を引き渡す

この流れからわかるように、買取は仲介より手順が少ないうえ、時間がかかりがちな売却活動が不要です。
そのため、買取してもらう不動産会社が決まれば、1週間で完了できることもあります。
さらに、物件を宣伝する必要がないので、ご近所に気付かれてしまう心配を大幅に減らせるでしょう。
注意点は、仲介よりも価格が下がってしまう可能性があることです。
ただし、通常の売却では仲介のほうが高く売れる傾向にありますが、内密に進めたい場合はそうとも限りません。
売却活動が制限されて売りにくいため、仲介による売却でも、相場より低い価格になることが考えられます。
ですから、気付かれたくないという思いが強いのでしたら、ぜひ買取を検討してみましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産が売れないときは原因を確認!売るための改善策とポイントをご紹介

まとめ

ご近所に気付かれずに不動産を売却することは可能ですが、売却できるまでの期間は長引くことが予想されます。
もし、内密かつスピーディーに売却したいとお望みの場合は、買取がおすすめです。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に、三島市・駿東郡清水町・駿東郡長泉町・富士市・富士宮市・裾野市・御殿場市など、静岡県の幅広いエリアで不動産の売却をサポートしております。
買取のご依頼も承っておりますので、「だれにも知られずに売却したい」とお考えでしたら、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

関連記事

不動産売却エピソード

売却査定

売却

売却相談

売却査定

お問い合わせ