物件の査定からご売却までの詳しい流れ

物件の査定からご売却までの詳しい流れ


不動産を売却したい!売却までの流れについて

不動産の売却を決断したとき、気になるのが売却までの流れだと思います。


本記事では、そのなかでも聞き慣れない査定・媒介契約・売却活動についてや、売却までの平均的な期間をご紹介します。



不動産査定


不動産売却のとき欠かせないのが不動産査定です。
不動産査定には、机上査定と訪問査定の2種類あることをご存じでしょうか。また、その2種類をどのように使い分けるべきか疑問に感じることと思います。そこで、ここでは机上査定と訪問査定それぞれの違いと使いどころをご紹介します。

不動産売却のときおこなう不動産査定には、机上査定と訪問査定の2種類あります。

机上査定は、実際の物件を見ずに査定をおこなう方法です。
立地や築年数、面積、近隣の取引事例および公示価格・路線価といった情報や、登記事項証明書など書類をもとにおおまかな金額を見積もります。

訪問査定は、情報や書類にくわえ、現地を実際に訪れて査定をおこなう方法です。
机上査定に比べると時間はかかりますが、精度の高い結果が得られます。
このように2種類の査定の違いはおもにかかる時間と精度なので、まず机上査定でおおまかな金額を知って、具体的に売却を考えるときは訪問査定を利用すると良いでしょう。
また、机上査定と訪問査定のほかにも、自分で価格相場を調べる方法があります。
まず、実際の取引事例や価格を調べられるのが、土地総合情報システムやレインズ・マーケット・インフォメーションです。
土地総合情報システムでは、実際に売買された価格情報が閲覧できます。
レインズ・マーケット・インフォメーションは直近1年間に売買された価格情報が検索できます。
さらに、国土交通省のサイトでは地価公示を調べることが可能です。
これらのサイトからよく似た物件の価格を調べ、利便性などを考え合わせると、おおよその価格相場を知ることができます。

不動産売却を進めるなかで、不動産査定依頼をどの不動産業者にしようか迷うと思います。
もし住み替えをご検討中であれば、スケジュール管理や資金計画の面からも売却と購入は同じ不動産業者がおこなったほうがメリットがあります。
東部エリアを中心とした不動産売却をご検討中の方は、弊社への不動産売却査定依頼は無料ですのでぜひご相談ください。
また、査定依頼の際は「こんな状態でも売れるのか」「周りに知られたくない」など懸念点やポイントは伝えたほうが良いでしょう。
懸念点などを伝えると対応を変えられるので、気持ちの良い査定につながります。
さらに、不動産売却に必要となる土地の実測図や境界が確認できる資料、建物の設計図書などが揃っているか確認しておくとスムーズです。
弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/








不動産の売却までの流れ媒介契約とは?


不動産の売却までの流れ媒介契約とは?

不動産を売却する際、最初に不動産業者に売却について相談・査定を依頼します。
その後、仲介を依頼する不動産業者と媒介契約を交わすのが一般的な流れです。
媒介契約には、3種類の形態がありそれぞれの特徴は以下のようになります。


一般媒介契約

一般媒介契約の場合、複数の不動産業者と媒介契約を交わすことが可能で、自身の探した買主と不動産業者を通さずに売買契約することもできます。
複数の不動産業者と契約が可能なため、販売活動を積極的におこなっても他社で売却が決まった場合、報酬を得られないので、不動産会社によっては売却活動に消極的になるケースがあります。
また、3種類の中で唯一レインズへの登録が任意なので、情報の公開を最小限にとどめることが可能となり、不動産の売却を内密に進めたい方におすすめの媒介契約と言えるでしょう。
一般媒介契約のデメリットは、売却活動を報告する義務がないので、売却活動を積極的におこなっているのか実態を掴みにくい点です。


専任媒介契約

専任媒介契約は、媒介契約を結ぶのは1社のみで、自身で探した買主と不動産業者を通さずに売買契約することもできます。
1社との契約なので、不動産業者が売却活動を積極的におこなう場合が多く買主が早く見つかる可能性が高いと言えるでしょう。
専属媒介契約を締結すると締結後、7日以内にレインズに登録されます。
また、2週間に1回以上の頻度で、売却活動の報告が義務付けられているので売主は活動内容を把握できます。


専属専任媒介契約

専属専任媒介契約では、媒介契約を結ぶのは1社のみで、自身が探した買主と不動産業者を通さずに売買契約することは認められていません。
専属専任媒介契約を締結すると、締結後5日以内にレインズに登録されます。
活動報告の義務も1週間に1回以上となり、3種類の媒介契約で比較すると専属専任媒介契約は、制約が多いですが不動産業者から手厚いサポートが受けられるのが特徴です。


弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧


\お気軽にご相談ください!/






不動産の売却までの流れ売却活動とは?



不動産の売却までの流れ売却活動とは?


売却活動とは、媒介契約を交わした不動産業者が売買契約の締結ができるように、あらゆる営業活動をおこなうことを指します。
では、具体的にどのような活動をするのかご紹介します。
不動産業者は不動産の購入を検討している顧客リストを持っている場合が多いです。
その顧客リストの中で、その不動産に興味を持ってくれそうな方に不動産情報を紹介し、不動産の購入を検討して直接来店した顧客にも、同じように不動産情報を案内します。
また、同時にレインズの登録や、不動産業者のインターネットサイトに不動産情報を掲載、新聞の折り込み広告への掲載、広告のポスティングなどあらゆる方法で買主を探します。
専任媒介契約や専属専任媒介契約を交わしている場合、売却活動の報告を定期的におこないます。
購入を検討する方が現れたら、不動産の内覧に付き添います。


弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧


\お気軽にご相談ください!/







不動産の売却までの流れ期間について



不動産の売却までの流れ期間について


不動産の売却にかかる期間は3か月~6か月ほどと言われています。
不動産業者を決め媒介契約するまでに1か月ほど、売却活動を開始して売買契約が成立するのに3か月ほど、売買契約から不動産引き渡しまでが1か月ほどかかるのが平均的です。
売却価格や物件のあるエリア、売却する時期なので売却期間も前後することを理解したうえで売却するようにしましょう。


弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧


\お気軽にご相談ください!/







まとめ


今回、不動産を売却するまでの流れで聞き慣れない、媒介契約・売却活動についてや、売却にかかる平均的な期間を解説しました。
不動産を売却する流れを理解することで、不動産業者との打ち合わせもスムーズに進めることが可能になるでしょう。


弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧


\お気軽にご相談ください!/








沼津市の不動産売却・買取のことなら株式会社庭彦へ。


弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。



駿東郡長泉町の不動産売却は株式会社庭彦へお任せください。

静岡県東部エリアの不動産売却なら株式会社庭彦にお任せください!



売却物件募集のご案内です。
不動産の売却を考えているのだけど・・・どうしたらいいかな?
初めての不動産売却をサポート致します。査定は0円です!!
◎相続した不動産の売却を考えている
◎空家があり処分に困ったいる
◎空き土地を含め遊休資産に困っている
◎すぐに現金化したい
不動産の心配事の解決から始めませんか?
        ↓↓↓
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、

ご検討中の方はぜひご利用くださいませ。




----------------------------

庭彦は『建設』『造園』『不動産』を3つの柱として業務をおこなっています。

最新の販売物件一覧は-//www.niwahiko-baikyaku.jp/bknlist/

不動産の売却・購入等のご相談は-//www.niwahiko-baikyaku.jp/contact/

不動産の無料査定は-//www.niwahiko-baikyaku.jp/assessment/

④沼津市近郊の宅地造成、道路舗装、駐車場整備、外構工事は-//www.niwahiko.jp/construction/

沼津市近郊の造園工事、維持管理業務は-//www.niwahiko.jp/landscaping/


--------------------------



沼津市の不動産売却・買取のことなら株式会社庭彦へ。


タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

初めての不動産売却

販売案内・販売予定情報

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ