水回りのリフォームは不動産購入後がおすすめ!売却前にする際の注意点は?

水回りのリフォームは不動産購入後がおすすめ!売却前にする際の注意点は?

中古物件の水回りをリフォームするなら、売却前と購入後のどちらのタイミングが良いのでしょうか?
リフォームをおこなう際の注意点を事前に理解し、スムーズな不動産売却や満足度の高い不動産購入につなげましょう。
そこで今回は沼津市を中心に不動産の売買をご検討中の方に向けて、水回りのリフォームをおこなうタイミングについてご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

水回りのリフォームは不動産の売却前におこなうべき?

不動産の売却をご検討中の方のなかには、売却前のリフォームで室内を清潔にすれば、売れやすくなるのではないかと考えている方もいらっしゃると思います。
しかし中古物件の購入検討者は新築よりも安い点に魅力を感じており、購入後のタイミングでリフォームすることを前提としています。
リフォーム後のデザインが購入検討者の趣味と合わない可能性もあるので、修繕費をかけたぶん売り出し価格を上げるより、現状のままで売り出すほうがおすすめです。
ただしひどい傷や汚れ、設備の不具合などがある場合は、ある程度修繕をおこなうと良い印象を与えられ、スムーズな売却につながるでしょう。
不動産売却前に壁紙交換やハウスクリーニングをおこなう場合面積にもよりますが、30万円程度費用がかかります。
とくにキッチン・お風呂・トイレなどの水回りは、物件の印象を大きく左右するので、念入りに掃除をおこなうのがおすすめです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

中古不動産の購入後に水回りをリフォームする際のポイント

不動産の購入をご検討中の方のなかには、購入後にリフォームすることを考えている方もいらっしゃると思います。
その際水回りを最新の設備に交換するのを検討するのもおすすめです。
新築物件は性能やデザイン性の高い設備が導入されているケースもありますが、高額であるため最新式ではない場合もあります。
一方中古物件を購入すれば、リフォームで最新式の設備を導入することも可能です。
ただし建物の構造によっては間取りを変更できなかったり、電気容量や水圧が異なる場合があったりするので、事前に制限や規約を確認しましょう。
また水回りの設備を交換する場合は、大きいサイズを選ぶと室内が狭く感じてしまうので、床面積とのバランスを考えるのがポイントです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

水回りのリフォームをおこなう際の注意点

中古物件の売却前でも購入後でも、水回りのリフォームをおこなう際の注意点は、水道管の経年劣化です。
築年数が経過している物件は水道管が劣化しており、予想以上に修繕費がかかる場合があります。
予想外の出費を抑えるためには、予算の上限と優先順位を決めることが大切です。
譲れない条件を決めておき、優先順位の低い箇所の修繕はグレードを下げるなど、ご家族で相談しながら決めていきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

中古物件は売却前よりも購入後にリフォームするほうがメリットも多いです。
まずは査定をおこない、現状ではどの程度の金額で売却できるのかを把握し、そのうえで修繕をおこなうべきか検討してみましょう。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に、三島市、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市で不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産購入コラム

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ