不動産売却時にかかる仲介手数料とは?相場と計算方法もご紹介

不動産売却時にかかる仲介手数料とは?相場と計算方法もご紹介

不動産売却時に必要となる費用の1つに「仲介手数料」があります。
そこで気になるのが、仲介手数料に相場はあるのかどうかです。
ここでは、不動産売却をご検討中の方に、売却時にかかる仲介手数料とは何か、また仲介手数料の相場や計算方法についてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時にかかる仲介手数料とは

仲介手数料とは、売主と買主の売買が成立した際に不動産会社へ支払う成功報酬で、不動産会社に依頼する場合は必要となります。
つまり、売買が成立するまでは支払いは発生しません。
この仲介手数料は、通常の業務で発生する費用で、売却活動などがそれにあたります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時にかかる仲介手数料に相場はある?

仲介手数料に相場はあるのでしょうか。
結論から申しますと、仲介手数料に相場はありません。
なぜなら、仲介手数料は物件の価格によって変動するためです。
また、仲介手数料は、宅地建物取引業法という法律で上限額が定められています。
仲介手数料は、下記のように早見表で簡単にチェックすることができます。
売買価格:仲介手数料の上限額(税込)

  • 200万円:11万円
  • 400万円:19万8,000円
  • 600万円:26万4,000円
  • 800万円:33万円
  • 1,000万円:39万6,000円
  • 2,000万円:72万6,000円
  • 3,000万円:105万6,000円

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時にかかる仲介手数料の計算方法

不動産売却にかかる仲介手数料をより正確に知りたい方は、下記の計算方法で求めることも可能です。
不動産の売買価格:仲介手数料の上限の計算式

  • 200万円以下の部分:金額×5%+消費税
  • 200万円超え400万円以下の部分:金額×4%+消費税
  • 400万円を超える部分:金額×3%+消費税

このように仲介手数料は、売買金額によって変わり、上記のような3段階で計算します。
売買価格が大きくなるほど、仲介手数料を支払う金額が減る仕組みになっています。
仲介手数料には上限額が決まっていますが、例外もあるため注意してください。

売主が特別に依頼して発生した費用

売主の希望で遠方の購入希望者と交渉した際にかかる出張費・交通費や、新聞や雑誌などに広告の掲載をした際にかかる広告費です。
このように売主が依頼して発生する費用は別に請求することがあります。
仲介手数料はあくまでも、通常業務に支払う費用なので、それ以上の売却活動は上限額を超えることもあります。

低廉な空き家などの売買取引の特例

400万円以下の不動産売買の仲介手数料は、上限の一定の要件を満たした場合に18万円とされました。
ただし、追加される費用は双方の合意が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

仲介手数料とは、不動産会社に支払う成功報酬であり、売買契約が成立しない限り発生しません。
また仲介手数料には相場はありませんが、上限額が決められています。
不動産売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

お客様よりご相談エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ