査定について②

どうやって査定するの?①

前回同様に 今回、弊社のお客様より、相談がありましたので、皆様にもお話しさせて頂きます。

不動産の売却では、「査定価格」は全てのスタートで、その後の価格設定の元になるものです。不動産会社から提出された査定価格が、どのような意味を持つのかを知ることは、適正な販売価格の設定に役立ちます。

不動産査定に影響する主な要素は4つ

① 不動産の立地 

【ポイント】

駅からの距離やエリアの人気度、学区などの立地は査定額に大きく影響します。 都市の利便性が高い場所では、築年数が経ったマンションが比較的高い価格で売買されている事例もあります。その反対に、不便な場所にあり、特筆すべきポイントがない不動産は年月の経過とともに価格が大きく下落します。

② 土地の形状 

〈ポイント〉

土地の形状は査定額に大きく影響します。特に、整形地不整形地はその差がはっきりとしています。整形地とは、建物を建てやすいように形を整えた土地のことです。正方形や長方形の形に整え、傾斜もなるべく減らして平らにしてあるのが一般的です。 不整形地とは整形していない土地のことで、査定額が下がりやすい傾向にあります。ほかにも、正方形や長方形ではない土地は査定額が下がることがあります。例えば、三角形、旗竿地、間口が狭い土地、奥行きが長過ぎる土地、がけがある土地などです。

③ 建物の築年数・建物の状態 

〈ポイント〉

建物は経年によって劣化するため、価値が徐々に下がっていき、ゼロに近づいていきます。この傾向はマンションよりも一戸建ての方が顕著です。 マンションの場合、立地やマンションのグレード、管理状況がよければ価格にプラスに影響し、築年数が経ってもある程度の価値を維持できることが多いのです。 一戸建ての場合、建物は劣化しても土地は劣化しないため、土地の価値がゼロになることはありません。


④ 方角や眺望 

〈ポイント〉

一戸建てやマンションでは、家や部屋の方角・眺望によって査定額が上下することがあります。部屋から見える景色がよければ他の物件と差別化でき、プラス材料となります。 ただ、眺望については不動産会社の担当者でも実際に訪問しなければわからないことがあるため、机上査定では適切に考慮されない可能性があります。


4つのポイント!


4つの査定ポイントについて、解説してきました。 是非【株式会社 庭彦】の専属相談員迄お尋ね下さいませ適切なアドバイスをさせて頂きます。

相談前のアドバイスですと・・

お客様の事情によって最適な選択肢が変わってくるため、 「どうしたら精神的に楽になるのか」を明確にしておくと気休めになるかも知れませんが・・・迷いも多少減るかと思います。迷ったら是非!お問い合わせください。

◎沼津市近郊の不動産の売却・購入・相談は庭彦が承ります。


----------------------------

庭彦は『建設』『造園』『不動産』を3つの柱として業務をおこなっています。

最新の販売物件一覧は-//www.niwahiko-baikyaku.jp/bknlist/

不動産の売却・購入等のご相談は-//www.niwahiko-baikyaku.jp/contact/

不動産の無料査定は-//www.niwahiko-baikyaku.jp/assessment/

④沼津市近郊の宅地造成、道路舗装、駐車場整備、外構工事は-//www.niwahiko.jp/construction/

沼津市近郊の造園工事、維持管理業務は-//www.niwahiko.jp/landscaping/


----------------------------

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

お客様よりご相談エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ