転勤時にマイホームはどうする?3つの選択肢のメリットを解説!

転勤時にマイホームはどうする?3つの選択肢のメリットを解説!

憧れのマイホームを購入したあとで、勤務先から転勤を命じられてしまうケースは珍しくありません。
しかし、この場合マイホームはいったいどうしたら良いのでしょうか。
そこで今回は、転勤を命じられた際に選択できるマイホームの扱いのうち「売却」「賃貸に出す」「単身赴任をする」の3パターンについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

転勤の際の選択肢①マイホームを売却する

転勤期間が長期におよぶ、戻って来られる保証がない場合の選択肢として、マイホームの売却が挙げられます。
マイホームを売却することで、固定資産税や維持管理費といった諸費用の負担がなくなる点はメリットといえるでしょう。
また、住宅ローン残高よりも高く売却できれば、差額を当座の生活資金に回せるメリットもあります。
ただし、原則として住宅ローンを完済しなければ売却ができません。
売却金額が住宅ローン残高を下回るオーバーローン状態の場合は、預貯金から返済しなければならない点に注意が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

転勤の際の選択肢②マイホームを賃貸に出す

転勤期間が決まっている、マイホームを売却したくない場合には、第三者に貸す方法を検討しましょう。
ポイントは、契約期間が決まっている「定期借家契約」を結ぶことです。
普通借家契約では賃貸人の都合で賃借人に退去を請求できませんが、定期借家契約を結べば契約期間の満了とともに部屋を明け渡してもらえます。
マイホームを賃貸物件として運用するメリットは、毎月家賃収入を得られる点です。
また、賃借人に家の管理を任せられるので、維持管理に余計な手間と費用をかけなくても済むメリットもあります。
しかし住宅ローンを利用してマイホームを購入している場合は規約違反になりかねないので、事前確認が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

転勤の際の選択肢③単身赴任する

子どもの学校など家族の生活環境を大きく変えたくない場合には、単身赴任を選択するのもひとつの方法です。
単身赴任の場合は家族がマイホームに住み続けることになるため、住宅ローン控除を引き続き利用できます。
ただし二重生活になることから、金銭的な負担が大きくなってしまう点は覚悟しなければなりません。
単身赴任の場合は経済的負担を軽減するためにも、社宅や住宅補助制度の有無を勤務先に確認しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

転勤に伴うマイホームの選択肢には「売却」「賃貸に出す」「単身赴任をする」などがあり、いずれのパターンにもメリットとデメリットがあります。
転勤期間や家族の事情などによってどの方法が最適かは異なるので、家族と相談しながら慎重に検討しましょう。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に三島市、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市で不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

初めての不動産売却

販売案内・販売予定情報

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ