マンション売却の平均期間はどれくらい?ポイントと売却のコツについて解説

マンション売却の平均期間はどれくらい?ポイントと売却のコツについて解説

マンションの売却には、どれくらいの期間を要するかご存じですか?
売却期間の目安が分かれば、売却までのスケジュールを立てやすくなります。
ここでは、沼津市を中心に近隣地域にお住まいの方に向けて、マンション売却の平均期間やポイント、上手に売却するコツについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

マンション売却にかかる平均期間はどれくらい?

マンションを売却するには、ある程度の期間が必要です。
契約から引き渡し完了までの平均期間は、4〜6か月程であるといわれています。
不動産機構が運営する「レインズ」の調べによると、2020年度におこなわれたマンション売却の平均期間は、87日でした。
一方、戸建てが売却されるまでの平均期間は114日であり、戸建てとマンションを比較すると、マンションの方が早く売却できることが分かります。
また、2018年から2020年の3年間で、すべての不動産の売却までにかかる平均期間が長くなっています。
平均期間である4〜6か月程度を見込んで、希望する引き渡し日に向けてマンションを売却する準備を進めましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンション売却までの期間に影響する要素とは?

マンション売却までの期間に影響する要素の1つ目は、築年数です。
同じエリア内であっても築年数が5年以内の築浅物件は人気があるため、買い手が付きやすいのです。
影響する要素の2つ目は、最寄り駅までの距離です。
電車通勤する人の需要に対応するため、最寄り駅までの距離は6分以内が望ましいでしょう。
影響する要素の3つ目は、専有面積の大きさです。
東京カンテイの調べによると、首都圏のマンションの場合専有面積が40㎡〜70㎡の物件は、比較的早く売却ができるというデーターが出ています。
このように、条件が良いとされるマンションは、比較的早く売却できるのです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンションの売却期間を早くするコツとは?

マンション売却までの期間を早くするために、コツを押さえて上手に手続きを進めましょう。
マンションの売却期間を早くするコツの1つ目は、適正な売出し価格を設定することです。
相場より高い金額で募集をかけると、値下げするのを待たれたり興味を持ってもらえずに内覧の問い合わせが来なかったりします。
売却を遅らせる原因となるため、気を付けましょう。
マンション売却を早くする2つ目のコツは、売却する時期を意識することです。
マンションの需要が高まるのは、夏休み後の9月や年度末の3月です。
需要が高まる時期に合わせて売却すれば、スムーズに売却できるでしょう。
3つ目のマンション売却を早くするコツは、内覧のために掃除を徹底することです。
綺麗な室内は買い手に好印象を与えられます。
気持ちいい空間にすれば成約に繋がる可能性があるため、掃除と整理整頓を徹底しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

マンションの売却は、思っているより時間がかかる場合があります。
売却に影響するポイントと早く売却するコツを押さえて、スムーズに売却を進めましょう。
弊社では、沼津市を中心に、三島市、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市で不動産売却のサポートをおこなっておりますので、売却に関してお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産購入コラム

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ