マンション引き渡し後に生じやすいトラブル事例をご紹介

マンション引き渡し後に生じやすいトラブル事例をご紹介

マンションは売却中だけでなく、引き渡したあとにもトラブルが生じることは珍しくありません。
引き渡し後に生じるトラブルには、どのようなものがあるのでしょうか。
そこで沼津市を中心とするエリアでマンションの売却をご検討中の方に向けて、マンション引き渡し後に生じやすいトラブル事例とクレームへの対応方法、トラブルを未然に防ぐ方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

マンション引き渡し後にありがちなトラブル事例

マンション引き渡し後に生じやすいトラブル事例をご紹介します。

騒音トラブル

内覧をおこなった昼にはなかったが夜になると我慢できないほどの騒音があるなどのクレームを受けることがあります。
隣の生活音や外の話し声程度の音であれば対処は不要ですが、度が過ぎる騒音であれば告知が必要です。

隣人トラブル

隣人によるゴミの放置や喧嘩をしかけてくるなどといった隣人トラブルによるクレームも少なくありません。
隣人トラブルがある場合は、売却時に買主に伝えずにいると損害賠償や契約解除が生じる可能性があります。

設備不良によるトラブル

水漏れや給湯器の故障などの設備不良によるトラブルもよく起こりがちです。
一般的には引き渡し後1週間以内に見つかった設備不良のみ、売主が修理をおこないます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンション引き渡し後のトラブルへの対応方法

クレームを受けた場合の対応方法として、内容に関わらず冷静に対処することが大切です。
そのうえで売買契約書の内容を確認し、買主と共有しましょう。
またクレームを受けたら売買の仲介をおこなった不動産会社に連絡し間に入ってもらうと、精神的、時間的負担が軽減できるのでおすすめです。
さらに、クーリングオフを求められることがまれにあります。
マンションの売買ではクーリングオフは対象外ですが、トラブルに発展しないためにも慎重に対処しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンション引き渡し後のトラブルを防ぐ方法

マンション引き渡し後のトラブルは、以下の方法によって未然に防ぐことが可能です。

  • 売却時には信用できる不動産会社を選ぶ
  • 買主と綿密に話し合う
  • 告知漏れを防ぐために十分に確認する

売却する際の不動産会社選びは、売却後のトラブル対応においても大きく関わるので、どんなことにも親身になってくれる不動産会社を選ぶことをおすすめします。
また買主と綿密に話し合い、とくに設備については現地で一緒に確認するとトラブルを防ぐ効果があります。
そして売買契約を締結する前には、告知漏れがないか十分に確認しましょう。
分かっていることは不動産会社に伝え、すべて告知していれば責任を求められることはありません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

マンション引き渡し後にトラブルが生じるケースは少なくありませんが、買主との密な話し合いや告知漏れを防ぐことなどによってトラブルは防げます。
マンション売却の際は、トラブル回避にぜひこの記事をお役立てください。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に三島市、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市で不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産購入コラム

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ