不動産売却前にリフォームは不要?必要なケースもご紹介!

不動産売却前にリフォームは不要?必要なケースもご紹介!

不動産を売却する前にリフォームしたほうが、高く売れるという発想は注意が必要です。
自己判断で高いリフォームをしても逆効果になることも多いからです。
そこで、沼津市周辺で不動産売却をご検討中の方に、売却前のリフォームが必要または不要なケースについてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前にリフォームは不要?

不動産売却では、基本的にリフォームは不要です。
では、なぜリフォームは不要なのか、その理由をご説明します。

リフォーム費用を売却価格に上乗せできないから

リフォームにかかる費用は数百万かかることもあります。
それを売却価格にプラスした価格で売却しようとしても、売れない可能性があるからです。
確かに、リフォームをすることで綺麗になり、印象が良いメリットがありますが、中古物件の築年数を変えることは不可能です。
そのため、築年数や駅からの距離などが同じ条件で購入者が探せば、安いほうの物件を選ぶ方が多くなってしまうのが現状です。

リフォームの内容が逆にマイナスになる

リフォーム内容が買主の趣味に合わない場合は、マイナスの印象を与えてしまうことがあります。
また、あえて中古物件でリフォームを考えている方にとっては不利になってしまいます。

不動産売却にかかる期間が延びる

リフォームが完了してから売却活動を始めることになるため、リフォーム期間中も固定資産税など支払いが発生してしまいます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でリフォームが必要なケースとは?

不動産売却では基本的にリフォームは不要とご説明してきましたが、なかなか売れない場合など必要となるケースもあります。
下記のような場合は、リフォームを考えてみても良いでしょう。

売却価格が1,000万円以下の物件

劣化のため価格が下がっている場合は、安価で補修できるリフォームをすることで、価格を上昇させる可能性があります。
たとえば、壁紙の貼り替えや部分的な補修などは低価格でおこなうことができます。

重要な設備の劣化が進んでいる場合

内覧などで、もっとも気にするポイントが水回りです。
水回りの箇所は劣化の進みが激しく、新築との差が出やすいので、部分的にリフォームすることで、売れやすくなることがあります。

内覧時の印象を良くしたい場合

内覧時の印象を良くしたい場合は、ハウスクリーニングをおこなうことで清潔感をアップさせることができます。
素人とプロでは掃除の質が違うため、プロに頼めば見た目の印象が上がります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却前にリフォームは基本的に不要です。
しかし、必要に応じて費用を抑えつつ必要な箇所をおこなうのも効果的でしょう。
不動産売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

お客様よりご相談エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ