沼津市が取り組んでいる空き家対策とは?自分でもできる対策や活用方法をご紹介!

沼津市が取り組んでいる空き家対策とは?自分でもできる対策や活用方法をご紹介!

相続などで空き家を所有したものの活用方法が分からなくてお困りではありませんか。
空き家を所有していると管理や税金の負担がかかりますよね。
この記事では、沼津市がおこなっている空き家対策の内容と、空き家の対策や活用方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

沼津市が取り組んでいる空き家対策「特別措置法」とは?

全国的な空き家の増加が社会問題視されています。
空き家の増加原因は、人口の減少や少子高齢化、生活様式の変化があげられます。
2018年の沼津市における空き家率は15.8%であり、全国平均の13.6%を上回る数値です。
そこで沼津市では、2015年に「空家等対策の推進に関する特別措置法」を施行しました。
特別措置法によって、法に基づいて空き家の調査や指導が可能になりました。
空家法第6条第1項の規定と沼津市の各種関連法と計画と連携して対策に取り組む方針です。
対象は主に一戸建ての空き家で、沼津市全域が対象区域となります。
期間は2020年~2025年を目標としています。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

沼津市での空き家対策「対処法」

それでは空き家の対処法を以下にご紹介します。
空き家バンクを活用
空き家バンクとは自治体がおこなっているサービスです。
空き家を売却・賃貸したい方が空き家バンクに登録して情報を公表すると、空き家を買いたい・借りたい方が希望する空き家を探せる仕組みです。
空き家管理サービスを活用
将来的に空き家を活用する場合は、空き家をそのまま放置しておくと急速に劣化して倒壊の恐れも出てくるので管理が必要です。
空き家の換気や掃除などをおこなって管理してくれるサービスです。
賃貸物件にする
賃貸物件にすることで、家賃収入が発生するので税金対策にもなります。
また、空き家を放置しているままだと急速に劣化するので、賃貸物件として利用すると建物の維持管理も可能です。
売却する
将来、利用する予定のない空き家の場合は売却がおすすめです。
空き家を所有する負担を早期解決し、売却して現金化することで気持ちもスッキリします。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

沼津市では空き家率が全国平均値に比べても高く、特別措置法が2015年から施行されました。
空き家を放置していると管理や税金の負担だけではなく、行政の指導が入ることも。
この記事の対処法を参考にして、空き家対策について考えてみてください。
どのように活用したら良いのか分からない空き家は、信頼と実績のある不動産会社に相談するのがおすすめです。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

不動産売却エピソード

売却査定

売却

売却相談

売却査定

お問い合わせ