不動産売却前のリフォームは不要?費用やメリット・デメリットについて解説

不動産売却前のリフォームは不要?費用やメリット・デメリットについて解説

不動産を売却するにあたってリフォームするかどうかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では売却前のリフォームの必要性について費用などとともに解説していきます。
沼津市を中心に、三島市、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市で不動産売却をお考えの方、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前にリフォームは必要か?

基本的に不要

売却前のリフォームは基本的に必要ありません。
中古物件の売買では見た目よりも築年数が重視される傾向にあります。
そのため、無理にリフォームをおこなわなくても十分に売却することが可能です。

リフォームが効果的な場合

リフォームが効果的な場合は、「低予算で高い効果を得ることができる」ケースです。
効果的なリフォームの具体例としては、フローリングや壁紙が挙げられます。
築年数が経っている物件でも、フローリングや壁紙を変えるだけで見た目の印象は大幅にアップします。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前にリフォームするメリット・デメリット/費用

メリット

素早い売却につながる可能性もある
リフォームをおこない第一印象がよくなることで、素早い売却につながる場合もあります。
買主の手間がなくなる
購入後すぐにその物件で生活を始めたい買主からすると、リフォームがあらかじめしている物件というのは魅力的です。
また、リフォームをする資金的な余裕がない方への訴求力のアップも期待できます。

デメリット

費用の回収が難しい
リフォームしていない類似物件と同じくらいの価格で並んだ場合には、リフォームしていることが有利に働く可能性もあります。
しかし、競合物件よりも少しでも高い場合には、売却することはなかなか難しいでしょう。
買主のニーズに合わない
中古物件の購入を考えている方は、購入後にリフォームを考えている場合も多いため、内容の綺麗さというのはそこまで重視されません。
逆に自分の好みに合わないリフォームはマイナスとなってしまいます。

リフォーム費用について

フローリングや壁紙
壁紙のリフォーム費用は、基本的に1㎡あたり1,000~1,500円ほどです。
フローリングの貼り替えリフォームの相場は以下のとおりです。

  • フローリングからフローリング:1.8万円/畳
  • カーペット・クッションフロアからフローリング:1.6万円/畳
  • 畳からフローリング:3万円/畳

トイレ

  • トイレ便座交換のみ(洋式から洋式):3~21万円
  • 和式から洋式への交換:15~57万円
  • 温水洗浄便座の設置:5~10万円

キッチン
キッチンも設備により費用は大きく異なりますが、人気のシステムキッチンを取り入れる場合には、20~70万円程度かかります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は不動産売却前のリフォームについてご紹介しました。
不動産売却時のご参考になれば幸いです。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

お客様よりご相談エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ