不動産の任意売却とは?沼津市周辺で不動産売却したい方はご相談を!

2022-02-15

任意売却

不動産の任意売却とは?沼津市周辺で不動産売却したい方はご相談を!

将来、予期せぬ事態により住宅ローンの返済が難しくなった場合、不動産を手放すことになるかもしれません。
支払いの目途が立たずローンの返済が滞り続けると、自宅が競売にかけられることになります。
そうなる前に、「任意売却」を検討すると良いでしょう。
沼津市を中心に不動産売却をサポートしている弊社が、任意売却をするメリットや流れをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローンが残った状態で不動産を売却することです。
通常、不動産を売却する場合、住宅ローンを完済し抵当権を抹消しなければなりません。
しかし、支払いの見通しが立たない場合、売却で得たお金をローン返済に充てることを条件に銀行と交渉し、許可が得られれば売却できるようになります。
裁判所から競売開始決定の通知が届く「競売」になる前に、任意売却を検討すると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を任意売却するメリットとデメリットとは?

任意売却は、競売のような強制的な売却ではなく、自分の意思で売却活動ができる点が大きなメリットと言えるでしょう。
そのほかに、以下のメリットがあります。

任意売却のメリット

●市場価格に近い価格で売却が可能
任意売却では一般の不動産取引と同じ方法で売却活動をするため、市場価格に近い価格で売却できます。
●知人に事情を知られずに売却できる
任意売却は一般の不動産取引と同様の売却活動をおこなうため、周囲に売却をする事情を知られることはありません。
一方、競売で不動産を売り出す場合、物件の情報が新聞やインターネットに掲載されるため、不動産が競売にかけられていることを周囲に知られる恐れがあります。
●売却で得た資金から諸経費を払える
任意売却の場合も不動産売却時に必要な登記料や測量費用などの諸経費が必要です。
これらの費用を不動産売却で得た資金から支払うことができます。
また、銀行との交渉により、売却後の引っ越し費用を融通してもらえることもあります。
●残債を分割で返済できる
任意売却後に今までと同じ条件で住宅ローンを支払うことが困難な場合、銀行に事情を相談しましょう。
銀行は、債務者の生活状況や収入を考慮し、無理のない返済プランを提案します。

任意売却のデメリット

任意売却ができるのは、住宅ローンを数か月にわたり滞納している方です。
住宅ローンを3か月以上滞納した場合、信用情報機関に登録されて、しばらくは大きなローンが組めなくなる恐れがあります。
また、任意売却を検討する段階では、すでに連帯保証人にも支払いの請求が届いています。
支払いの督促が届くと、本人だけではなく連帯保証人の精神的ダメージも大きくなるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を任意売却する際の流れ

住宅ローンの残高確認、不動産の価格査定をおこないます。
次に、債権者である銀行に事情を説明し、任意売却の同意を得ます。
その後売却活動がスタートし、買い手希望者を探します。
買い手が見つかったら、物件の売買契約、決済、引渡しをおこないます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

任意売却は、生活の立て直しがめざせる売却方法だと言えます。
ローン返済に行き詰まりを感じている方は、任意売却のポイントや流れを確認しておきましょう。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

不動産売却エピソード

売却査定

売却

売却相談

売却査定

お問い合わせ