戸建賃貸経営って何?土地活用におけるメリット・デメリットや向いている土地とは

戸建賃貸経営って何?土地活用におけるメリット・デメリットや向いている土地とは

新型コロナウィルスの流行に伴い、家の中で子どもを元気よく遊ばせたい・リモートワークをしたいという希望が生まれました。
そして、そんな希望を叶えるのに向いている戸建物件を、賃貸で利用したいというニーズも増えてきています。
静岡県東部地域で使っていない土地を有効活用したいと考えている方・戸建賃貸経営に興味がある方は参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

土地活用における戸建賃貸経営とは?アパート経営やマンション経営との違い

戸建賃貸経営とは、一戸建住宅を貸し出して家賃収入を得るという土地活用方法です。
収益を上げやすいスタート方法は3パターンあります。

  • もともと所有している戸建物件を賃貸する
  • もともと所有している土地に戸建物件を建てて賃貸する
  • 中古の戸建物件を購入して賃貸する

どのパターンでも収益を上げられますが、 もともと所有する土地や戸建て物件を活用するほうが初期費用が安く収益が出しやすくなるため、向いているでしょう。
次に、戸建賃貸経営とアパート・マンションの賃貸経営の違いについてご説明します。
戸建賃貸経営は供給量と競争相手が少なく、借主が長く住み続けるため、安定して継続できる点が魅力です。
将来的には借主が物件を買い取ることもあり、物件が古くなってからの売却や修繕に悩まされない点にも大きなメリットを感じるでしょう。
一方、集合住宅よりも家賃が高いため借主が経済的に余裕のある方に限られたり、賃貸物件が1つの場合は空室になると収益が0になってしまったりするマイナス面もあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用として戸建賃貸経営をはじめるメリット・デメリットとは

土地活用として戸建賃貸経営をはじめるメリットは3つあります。
まず、間取りが自由に選べるため変形地や狭小地でも経営が可能なことと、駅チカなどの好立地でなくても借主がつくことです。
また、木造建築であれば減価償却費を多く計上し、節税が可能な点も魅力的な特長だと言えます。
反対に、メンテナンスやリフォームのための費用が高額である・騒音問題や境界線問題などの隣人トラブルが発生するというデメリットもあります。
前述したとおり、経営する物件が1つの場合、空室になったときは収益がなくなるリスクがある点も考慮しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

戸建賃貸経営の土地活用に向いている土地の条件

戸建物件はファミリー層に需要が高く、小学校や幼稚園・保育園に近い土地に建てると借主がつきやすいようです。
家賃が高くても共働きで支払いしていけるため、学童保育や預かり保育が充実している地域だと特に人気が高まります。
また、狭い土地や形状が悪い土地でも、戸建であれば間取りが自由に決められて土地を有効活用できるため、戸建賃貸経営に向いていると言えるでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

戸建賃貸経営をするならば、手持ちの土地や建物を有効活用でき収益も得られます。
メンテナンス費用や空室リスクが高いなどのデメリットがある一方、狭小地や変形地でも利用できるという戸建ならではのメリットもあります。
使っていない土地があるならば、戸建賃貸経営に挑戦してみるのもおすすめです。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に三島市、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市で不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産購入コラム

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ