ローン残債がある不動産は売却できるのか?方法や注意点を解説

ローン残債がある不動産は売却できるのか?方法や注意点を解説

不動産を購入する場合には住宅ローンを組むのが一般的です。
そのため、ローン残債がある状態で不動産を売却できるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はローン残債がある不動産を売却することができるのか、その方法や注意点を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

ローン残債のある不動産は売却できる?抵当権とは何か

抵当権は住宅ローンの返済ができなくなった際に、金融機関が不動産を担保とする権利のことです。
収入が減ったりなくなったりして、ローンの支払いが滞った際、抵当権を設定していれば、不動産が売却されます。
抵当権は住宅ローンを組む際に設定されておりローンを完済することで抹消されます。
不動産を売却する際には、抵当権を抹消する必要があります。
抵当権が設定されたままだと新たに住宅ローンを組むことができなくなるので、売れる確率が下がります。
抵当権は一括で、ローンを繰上げ返済し、必要書類を準備して法務局で申請をすると抹消できます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

ローン残債がある不動産を売却する方法とは?

ローン残債がある不動産を売却する方法は2つあります。

アンダーローンの場合は?

まずは、アンダーローンの場合です。
アンダーローンとは売却したお金で住宅ローンを完済できるケースのことです。
この場合は、以下の3つの流れで売却を進めます。
売却にかかる諸費用を確認
不動産会社と媒介契約を結んで買主を見つける
買主と売買契約を交わし、決済と抵当権抹消手続きをおこなう
また、リースバックという方法もあります。
リースバックは不動産を売却し、買主と賃貸借契約を結ぶことで、現在の不動産に住み続ける方法です。
不動産に住み続けることができるうえに、まとまったお金を手に入れることができます。

オーバーローンの場合

続いて、オーバーローンの場合です。
オーバーローンとは売却した金額よりも多くのローンが残っている状態のことです。
この場合は、3つの対処法があります。
1つ目は、貯蓄などで残債を完済することです。
2つ目は、買い替えを検討している場合に、次のローンと一体化させる住み替えローンを使う方法です。
3つ目は、任意売却の利用で、金融機関からの承諾を得られればローン残債があっても売却ができます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

ローン残債がある不動産を売却する際の注意点

ローン残債がある不動産の売却の注意点として、売却の際には買い先行ではなく売り先行で売却しましょう。
売り先行とは、不動産を売却してから新しい不動産を購入することを指します。
先に売却して資金を得ることで新しい不動産の購入の資金計画が立てやすくなるでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却の際には抵当権を抹消する必要があります。
オーバーローンの場合は住み替えローンや任意売却などを検討しましょう。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産購入コラム

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ