築40年の住宅でも売れる?放置のリスクと早期売却する方法をご紹介!

築40年の住宅でも売れる?放置のリスクと早期売却する方法をご紹介!

築40年以上の住宅を売却したいが、売れるのか不安になる方も多いでしょう。
新築物件や築浅物件が売れやすい傾向でしたが、近年では築古物件の需要が伸びています。
この記事では、築40以上の住宅が売れにくいと言われていた理由や放置するリスクをご説明したうえで、早期売却する方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

築40年以上の住宅が売れにくいと言われてきた理由とは?

築40年以上の住宅が売れにくいと言われてきた理由には、木造住宅の場合、法定耐用年数が築22年であることが一つの原因です。
木造住宅の資産価値は築20年でほとんどゼロになるといわれています。
築古物件は、解体して更地にしてから売却するほうが早く売れる傾向でした。
しかし、安い築古物件を購入し、自分好みにリノベーションしたい人が増えてきました。
また、立地や人気のエリアにあるマンションだと築40年以上の住宅の需要は高いです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

築40年以上の不要な住宅を放置するリスクとは?

築40年以上の不要な住宅を放置していると、以下のようなさまざまなリスクが発生します。

固定資産税や管理費の支払い

築40年上の住宅を利用していなくても、固定資産税と都市計画税を支払い続けなくてはなりません。
さらに、管理会社に依頼して住宅を管理する場合には、管理費がかかってしまいます。

住宅の老朽化によるリスク

築40年の不要な住宅を放置し、老朽化が進むことで資産価値が下がったり倒壊したりなどのリスクが起きやすくなります。
老朽化によって資産価値がどんどん下がり、売却価格に影響を与えてしまいます。
また、老朽化によって住宅が倒壊して人に怪我などさせてしまうと、賠償責任を負うことになります。

行政による強制処分

築40年の不要な住宅で、行政から放置することが危険であると認識された場合には「特定空き家」に指定される場合があります。
特定空き家に指定され、解体によって強制処分された場合、解体費用を請求されてしまいます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

築40年以上の住宅をなるべく早く売却する方法とは?

築40年以上の住宅をなるべく早く売却する方法を、以下に3つご紹介します。

リフォームしないで売却する

近年、安い築古物件を購入し、自分好みでリフォームやリノベーションする人が増えています。
リフォームなどはおこなわないで、そのまま売却するのがおすすめです。

解体してから売却する

築40年以上の住宅を解体して更地にすると、早く売却できる可能性が高いです。

古屋つき土地として売却する

築40年以上の築古物件をして売るか、更地にして売るかで迷った場合には、古屋つき土地として売却しましょう。
築古物件の購入希望者と、土地の購入希望者の両者にアピールができます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

築40年以上の住宅は売れにくいと言われていましたが、近年では需要が伸びています。
築40年以上の不要な住宅を放置したままにすると、さまざまなリスクが発生するので、なるべく早く売却するのがおすすめです。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

お客様よりご相談エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ