売れにくい不動産とは?売却するための方策も解説!

売れにくい不動産とは?売却するための方策も解説!

所有している不動産を早期売却したいと考えても、不動産の種類によってはなかなか買い手が見つからない可能性があります。
売れにくい不動産とはどのようなものなのか、いったいどのような理由で売れにくいのかが知りたい方もいるでしょう。
そこで今回は「再建築不可物件」「テラスハウス」「賃貸併用住宅」が売れにくい理由を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

再建築不可の不動産が売れにくい理由とは?

再建築不可物件とは、現在建っている家を解体しても新たな家を建てられない土地を指します。
法律上、建物を建てる敷地は建築基準法で定められた幅員4m以上の道路に2m以上接していなければなりません。
たとえ道路に接していたとしても、幅員が2m未満の場合は再建築不可物件として扱われてしまう点に注意が必要です。
再建築不可物件を購入したとしても建て替えができないため、このような土地を好んで購入する方はほぼいないといっても過言ではありません。
ただし接道義務を満たすようにすれば通常の不動産同様の売却ができるので、再建築不可物件を所有している場合は隣地の取得やセットバックなどを検討することをおすすめします。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

テラスハウスが売れにくい理由とは?

いわゆる長屋形式であるテラスハウスも売れにくい不動産のひとつです。
テラスハウスの特徴は複数の建物が合わさってひとつの建物を形成している点にあるので、単独では建て替えができません。
また、買主がテラスハウスの購入にあたって住宅ローンの審査にとおりにくい点も売れにくい理由として挙げられます。
テラスハウスをなるべく早く売りたいと考えているのであれば、隣家か不動産会社に買い取ってもらう方法を検討しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

賃貸併用住宅が売れにくい理由とは?

一戸建てを建築する際、住宅ローンの返済負担を軽減するために賃貸併用住宅を選択した方もいるのではないでしょうか。
しかし、賃貸併用住宅には自宅のほかに他人が居住する部分があり、マイホームとして利用するには中途半端な側面があります。
そのため購入を検討する方の多くは投資家となりますが、賃貸住宅として運用するには利回りが低い点がデメリットです。
このような賃貸併用住宅を購入しようと考える方は少なく、一般的な中古住宅や投資用不動産と比較するとマーケットが小さいといわざるを得ません。
ただし、完全分離型の二世帯住宅としては活用できるので、そのような方に向けて修繕履歴をまとめたり、インスペクションを実施して安心感をアピールしたりする方法は有効です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産のなかでも「再建築不可物件」「テラスハウス」「賃貸併用住宅」はとくに売れにくい傾向にあります。
しかし必ずしも売却できないわけではないので、不動産会社に相談をしながらそれぞれの不動産のデメリットを解消する方法を検討しましょう。
私たち「株式会社 庭彦」は沼津市を中心に三島市、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市で不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

090-7499-7705

営業時間
9:00~18:00
定休日
土日祝・夏季・年末年始

庄司恭一郎の画像

庄司恭一郎

部署:不動産事業部

資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー

住まいを通じて『人に優しく・丁寧に』お客様の『不安・疑問』を解決して、お客様の幸せを叶えたいです。

庄司恭一郎が書いた記事

関連記事

不動産売却・購入エピソード

販売案内・販売予定情報

不動産購入コラム

不動産売却コラム

売却査定

お問い合わせ